ラクマのアカウントが利用制限を受けたらどうなる?理由と復活方法

ラクマ アカウント利用制限
GOくん

ラクマのアカウントが利用制限を受けてしまった!どうして?復活する方法はある?

残念ながら、ラクマでは規約違反や禁止行為が発覚した場合にアカウントの利用制限を受けることがあります。

しかし利用制限は突然受けるもので、自分でも理由がわらないという方が多いようです。

この記事では、

  • ラクマのアカウントが利用制限を受けた際に考えられる理由
  • ラクマのアカウントが利用制限を受けた際の解除・対処法
  • ラクマのアカウント復活方法

についてご紹介しています。

くま子

自分でも意外と気付かないうちに規約違反をしている可能性があるかも!規約をチェックして違反をしていないか確認してみましょう。

目次

ラクマのアカウントが利用制限を受けたらどうなる?

ラクマのアカウントが利用制限を受けると、ラクマカスタマーサポートから以下のペナルティを受ける可能性があります。

  • 無期限の利用停止
  • 強制退会

ラクマカスタマーサポートからこれらのペナルティを受けた場合、最悪ラクマを2度と使用できなくなる可能性があるので本当に注意が必要です。

くま子

1番重い「強制退会」の場合は売上金も没収されてしまいます。

GOくん

でも理由もわからず利用停止されたから納得できないところもあるね!何か調べる方法はないのかな?

ラクマのアカウントが利用制限を受けた!考えられる理由は?

ラクマでは利用規約を違反しているユーザーや、禁止行為を行っているユーザーに対して「無期限の利用停止」や「強制退会」という厳しい措置を取っています。

しかし、なかには自分に身に覚えがないのに突然アカウントの利用制限を喰らってしまった方も多いようです。

くま子

それでは、ラクマのアカウントが利用制限を受けてしまった際に考えられる理由をご紹介します。

理由①:何らかの利用規約違反が判明した

まず1番に考えられる理由として、何らかの規約違反が発覚したことです。

くま子

「〇〇が制限されています」というエラーメッセージが表示された場合は要注意です!

操作時に「◯◯が制限されています」等のエラーメッセージが表示された場合、

何らかの利用規約違反が確認されたため、その機能が制限されている可能性がございます。

引用元:ラクマ公式ガイド

この場合、自分が禁止商品を販売していないか1度確認してみましょう。

ラクマでは以下の商品が禁止商品に該当しています。

  • ブランド物の偽造品
  • 第三者の知的財産権等を侵害しているもの
  • 法令に違反している商品
  • 医薬品・医療機器など
  • 特定の食料品および飲料品など
  • 公序良俗に反するもの
  • 法令で転売が禁止・制限されている有価証券・口座など
  • 領収書や公的証明書類
  • 金券・チケットなど
  • その他の禁止されている商品
くま子

内容は意外と細かに設定されているので、必ず「ラクマのルール」を確認しておきましょう。

>>ラクマのルールで禁止商品を確認

理由②:偽物販売、直接取引、無在庫販売などの禁止行為が発覚した

ラクマで利用制限を受けた場合、ラクマでの禁止行為が発覚した可能性があります。

ラクマでは以下の行為を禁止行為とし、発覚した場合は厳しいペナルティが下されます。

  • 商品の交換・半交換など正式な取引に該当しない行為
  • 資金洗浄やマネーロンダリング
  • ラクマ以外で交渉成立した商品の支払いにラクマを利用すること
  • 販売意思のない商品の掲載・販売できる状態にない商品を掲載
  • 在庫がない場合での商品の販売
  • 同一・類似商品の大量出品
  • 商品の代金を2分割して2つの商品として販売する行為
  • チケットを定価以上で販売するダフ屋行為
  • 社会情勢などに応じて著しく値段を上げて販売する行為
  • 宣伝・探し物など取引以外の投稿
  • 選択形式での出品
  • 中身の見えない福袋の販売
  • 購入者に希望価格で落札されるオークションのような行為
  • キャンセル料や取置きの強要
  • 虚偽のブランド、無関係のカテゴリ商品の販売
  • 複数アカウントの所持
GOくん

こんなに禁止行為があるなんて!

くま子

普通に考えて当たり前ではあるんだけど、実際にやっている人もいるから改めて明記する必要があるということですね。

また禁止行為は出品者だけに限らず購入者にも定められています。

転売目的の購入、商品を購入する意思やお金がないにも関わらず取引をする行為も禁止行為に該当します。

理由③:嫌がらせ・迷惑行為による可能性

ラクマアカウントの利用制限を受けた方の中には、同じラクマユーザーによってラクマカスタマーサポートに違反報告されたというケースもあるようです。

以下のような被害に遭った場合は「嫌がらせ」「迷惑行為」の可能性が考えられます。

  • 誹謗中傷
  • 個人情報
  • 違法行為
  • 違反行為
  • 暴言、荒らしなどの迷惑行為
くま子

この場合は事情を説明して利用制限を解除できるので、ラクマカスタマーサポートに連絡をしましょう。

ラクマのアカウント利用制限後に復活する方法と対処法!

GOくん

ラクマのアカウント利用制限を受けた後に復活する方法はある?

ラクマのアカウント利用制限や利用制限の解除の可否は、基本的にラクマカスタマーサポートの判断になります。

理由②に当たる「禁止行為」に該当してしまった場合は、復活できる望みは薄いでしょう。

利用規約に違反したり、禁止行為に該当していない場合や、理由が不明の場合は1度ラクマカスタマーサポートへの問い合わせをおすすめします。

くま子

素早く対応してもらうために、利用停止を解除してもらうための対処法をご紹介しますね!

①エラーメッセージが出た場合の対処法

★「〇〇が制限されています」というエラーメッセージが出た場合。

制限理由と解除予定日が画面に表示されている場合は、予定日に自動解除されるのでそのまま待ちましょう。

「A001」などのコードが表示されている場合は、以下の手順でラクマカスタマーサポートまで問い合わせてみましょう。

問い合わせの手順は以下の通りです。

  1. マイページ(サイドバー)へアクセス
  2. ヘルプ・その他
  3. 機能制限
  4. 機能制限について
  5. お問い合わせ

②嫌がらせ・迷惑行為を受けた場合の対処法

★嫌がらせを受けた・迷惑行為を見つけた場合。

  • 詳しい状況:例)迷惑行為を見つけた
  • コメントが投稿されている商品名
  • 商品の出品者名
  • 迷惑行為を行っているユーザー名

を記載してラクマカスタマーサポートへ連絡をしましょう。

くま子

自分に非がない場合は確認が取れ次第、アカウントの復活が可能になるでしょう。

※ラクマカスタマーサポートの対応にはある程度の時間がかかることを覚えておきましょう。

ラクマのアカウントが利用制限を受けた!理由と対処法まとめ

ラクマのアカウントが利用制限を受けた際の理由と対処法についてご紹介しました。

  • ラクマのアカウントが制限を受けると最悪の場合は「強制退会」のペナルティも
  • 制限を受けた場合は規約違反、禁止行為に該当していないかもう1度確認してみる
  • 規約違反や禁止行為に該当しない場合、嫌がらせの場合はラクマカスタマーサポートへ問い合わせる

利用制限の理由や解除の可否はラクマカスタマーサポートが判断するので、最悪の場合アカウントの復活ができないことも考えられます。

くま子

もう1度、自分が規約違反・禁止行為に該当していないか振り返ってみましょう。

GOくん

理由が思い当たらない場合はラクマカスタマーサポートに1度問い合わせてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる