ガールズの「分かる!!」が満載!このぶっ翔びコメディに共感できる!?

映画『いけいけ!バカオンナ』

出演:文音、石田ニコル、真魚 他原作:鈴木由美子著「いけいけ!バカオンナ」(講談社「Kiss」所載) 監督:永田 琴/ 脚本:北川亜矢子 製作:ネスト 制作:E・F・P ©鈴木由美子・講談社/ネスト©2020映画「いけいけ!バカオンナ」製作委員会

2020年7月31日(金)TOHOシネマズ 日比谷他、全国公開

初日舞台挨拶 オフィシャルレポート

イントロダクション

主演・文音 コメディエンヌ初挑戦!!

講談社『Kiss』にて連載された鈴木由美子の人気漫画「いけいけ!バカオンナ」を実写映画化。
「白鳥麗子でございます!」(講談社)などで知られる鈴木由美子の同名漫画は、主人公・杉山結子と女友達の友情を描いた自伝的作品ですが、原作のバブル時代を現代に設定を変え、恋愛・仕事・友情と山積みの問題を抱える現代アラサー女子たちのリアルを描いた物語が展開されます。
オンナの友情は儚いなんて、誰が言ったのか?!妬み、嫉妬、いろいろあってもオンナがスクラム組んだら怖いものなんてなし!!オンナはみんな、ど根性!!
そんな「オンナ」の肩書を持ったすべての人に共感を呼ぶ、”わかる!”が満載の物語です。
笑って、泣いて、また明日は「我が道を行け!!」

イントロダクション

STORY

可愛くなきゃ男にモテず、オシャレじゃなきゃ女に舐められる!これがリアルアラサーの現実か?!可愛くなきゃ男にモテず、オシャレじゃなきゃ女に舐められる!これがリアルアラサーの現実か?!

アラサー女子・杉山結子(文音)。外ではイケイケ女を気取っているが、私生活では地味で質素な生活を送る“超”のつく見栄っ張り女子。ある日、美人の澤野セツコ(石田ニコル)と出会い、お互いの存在に火花を飛ばす!
いまだロストヴァージンを迎えていない結子は、親友の中川絵美(真魚)と一緒に彼氏獲得に励む日々。やっと彼氏らしき男と巡り合った結子だったが、友達に自慢するには程遠い男。理想と現実のギャップに思わずため息…。そんな矢先、セツコが突如結婚すると紹介された彼氏は?!
そして、セツコの結婚にダメだしの結子。
果たして「女の友情」ははかないものなのか…それとも…。

ストーリー

CAST

文音

文音

文音

文音/杉山結子/見栄っ張りなアラフォー女子

1988年3月17日生まれ。東京都出身。
2008年10月公開の映画『三本木農業高校、馬術部』(監督:佐々部清)の主役として女優デビューし、第33回報知映画賞新人賞、第32回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2012年9月から1年半、ニューヨークへ演劇留学し、帰国後ドラマ・映画と女優としての活躍を再開させた。近年の主な出演映画に「八重子のハミング」(16)、「イタズラなKiss THE MOVIEシリーズ」(16/17)、主演作に「ばぁちゃんロード」(18)がある。

石田ニコル

石田ニコル

石田ニコル

石田ニコル/澤野セツコ/結子のライバルで親友

1990年5月29 日生まれ。山口県出身。
2010年、神コレモデルオーディション2010 グランプリを受賞し、モデルとして活躍。現在TBS系「王様のブランチ」レギュラー。女優としては2011年公開の映画『パラダイス・キス』で女優としてデビュー。その後は、ミュージカル「RENT」、「FACTORY GIRLS~私が描く物語~」ドラマ「ファーストクラス」「サムライせんせい」「勇者ヨシヒコ」「模倣犯」「悦ちゃん」「サバイバル・ウェディング」「まほう戦士ファントミラージュ」映画「キューティーハニー」「パラレルワールド・ラブストーリー」など幅広い作品で活躍している。

真魚

真魚

真魚

真魚/結子の親友/中川絵美

1991年8月5日生まれ。愛知県出身。
2017年にシネマプロジェクト第7弾のオーディションに参加したことがきっかけで、映画『カメラを止めるな!』の主人公・日暮隆之の娘・日暮真央役に抜擢される。近年の主な出演作に映画「日本製造/メイドインジャパン」(18)、NHKドラマ10「これは経費で落ちません!」、TBS系火曜ドラマ『G線上のあなたと私』(19)などがある。

小野塚勇人

小野塚勇人

小野塚勇人

小野塚勇人/結子の彼/内田幸司

1993年6月29日生まれ。千葉県出身。
劇団EXILEのメンバー。
2016年「仮面ライダーエグゼイド」で九条貴利矢役を演じ、その後、舞台・ドラマ・映画と多方面で活躍している。近年の主な出演作には映画「恋のしずく」(18)、TBS「渡る世間は鬼ばかり2019」(19)、テレビ東京「特命刑事 カクホの女2」(19) などがある。

田中要次

田中要次

田中要次

田中要次/永田通徹

1963年8月8日生まれ。長野県出身。竹中直人監督『無能の人』の照明助手を経て、俳優として活躍するようになる。2001年、TVドラマ『HERO』にバーテンダー役でレギュラー出演した際の台詞「あるよ!」が話題となって人気を博し、バラエティなどでも活躍。2017年に映画『蠱毒 ミートボールマシン』で初主演を果たした。その後も個性的な存在で、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍している。近年の主な出演映画には、『愛しのアイリーン』(18)、『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』(20)などがある。

STAFF

永田 琴

永田 琴 監督

岩井俊二監督に師事し、数多くの作品で制作、助監督の経験を経て、2004年のオムニバス映画「恋文日和」で劇場公開デビュー。2007年「Litte DJ~小さな恋の物語」「渋谷区円山町」で本格的に長編映画を手掛ける。
代表作に、映画「シャンティデイズ 365日、幸せな呼吸」、ドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」、「東京ラブストーリー2020」、連続ドラマW 東野圭吾「分身」、「変身」、「片思い」、などがある。
子どものための映画ワークショップ「えいがっこ!」を主催するなど多岐に活動している。

北川亜矢子 脚本

岩井俊二に師事し、2009年以降ショートフィルムやネットドラマの脚本を手掛ける。2011年よりテレビドラマの脚本を手掛け、2015年の『女くどき飯』では単独で全話を担当。映像脚本以外にも、舞台やドラマノベライズ、映画原作等、活動の幅を広げている。主な作品に「真白の恋」(2017公開)、「わたしに××しなさい!」(2018、ドラマ・映画)などがある。ドラマ「東京ラブストーリー」(CX)でも永田琴監督とタッグを組んでいる。

  • 主題歌主題歌

    AISHA

    AISHA「My Home」(W Music Labels)

  • 原作原作

    『いけいけ!バカオンナ』

    鈴木由美子『いけいけ!バカオンナ』(講談社「Kiss」所載)